Think Factory:優れた上司になる方法

Think Factory:優れた上司になる方法

ビジネスについて必要なすべての情報が必要な場合は、ThinkFactoryがアクセスするサイトです。ビジネスの世界に関するさまざまなトピックに取り組む幅広い記事を提供しています。あなたがビジネスを始めたい、または今ビジネスを始めて、改善したい人なら、私たちのウェブサイトはそれらのどれでもあなたを案内することができます。   

良い上司になるために覚えておくべきこと良い上司

になる方法を知っている人は多くありません。タフで残酷な人もいるでしょうし、上司が従業員に向かって叫び、苦労しているという話を聞いたことがあるでしょう。正直なところ、これは従業員のストレスを増大させるだけであり、その結果、従業員の生産性が低下します。 

しかし、彼らに圧力をかけずにチームを率いる方法を知っている優秀な上司もたくさんいます。あなたがこれに不慣れであるならば、ThinkFactoryはあなたが良い上司の優れた例としてあなた自身を設定するのを手伝います。そうは言っても、優れたリーダーになるために従うことができるガイドを考え出しました。 

ヒント#1:明確なビジョンを

伝える従業員は、求められている特定のタスクを実行するために仕事に行きます。彼らは仕事を成し遂げ、違いを生むことができる個人として自分自身を提示します。 

会社の目標と従業員の責任について明確なビジョンを設定した上司は、何を達成する必要があるかを理解するのに役立ちます。上司は、例を示してプロセスをガイドすることにより、従業員が会社の目標達成をどのように支援できるかをよりよく理解できるように支援します。

ヒント#2:チームに影響を与える

ボスは、従業員が会社の規則や規制を奨励する方法で遵守するようにします。上司は、彼らが行うすべてのことに最善を尽くすように促すことで、ように促し 従業員にする 彼らの可能性を最大限に発揮ます。 

さらに、従業員の世話をしたり、意見や提案を聞いたりすることで、従業員に影響を与えることができます。彼らはすべての仕事をしているので、彼らの肉体的、感情的、精神的健康を考慮することが重要です。

ヒント3:一貫したフィードバックとコーチングを提供する

従業員は、職場でのパフォーマンスと期待にどれだけ応えているかについてのフィードバックを必要としています。彼らがよくやった仕事をしているなら、彼らが彼らのパフォーマンスを維持できるように正のフィードバックを提供することが重要です。ただし、要件を満たしていない場合は、どこを改善できるかを理解できるようにすることも理想的です。 

いくつかは、 彼らのパフォーマンスを向上させるために、従業員のための最善の方法の ことです コーチング 、 彼らは、タスクに問題がある場合は、それらを導く。 

ヒント#4:従業員を人として 

気遣う従業員は、個人レベルで雇用主から感謝され、世話をされていると感じたいと考えています。優れた上司は、従業員の状況を評価して、問題に直面しているかどうかを知るために時間をかけます。これは、職場での彼らのパフォーマンスが影響を受けているかどうか、そして彼らが問題を解決するのをどのように助けることができるかを知るための素晴らしい方法です。 

ヒント5:個人的な経験を

共有する個人的な経験を従業員と共有することで、従業員はあなたの個人的な生活についての洞察を得ることができ、あなたとの緊密な関係を確立できます。これにより、従業員はあなたの側をマネージャーとして評価し、あなたをライフメンターとして扱うようになります。   

ヒント#6:

従業員にインスピレーションを与える特定のタスクを実行するように従業員にインスピレーションを与えたままにしておくと、時間どおりにタスクを完了することができます。これを行うための最良の方法は、彼らがそれを進めるにつれて傍観者に彼らを指導しながら、何をする必要があるかを彼らに徹底的に説明することです。彼らのリーダーとして、あなたは彼らに彼らの重要性と彼らの仕事の会社との関連性を知らせることによって彼らをやる気にさせるべきです。 

ヒント#7:彼らのために仕事を楽しくする

楽しむことは、ゲームをしたり、ジョークを作ったりすることだけを意味するのではありません。従業員が幸せを感じるためには、仕事について話すことなく、リラックスして他の同僚と時間を過ごす機会を持つさまざまな活動やイベントを設定する必要があります。

すべての職場が仕事に真剣に取り組んでいるので、お互いに交流できるミニゲームを組み込むと、簡単な会議が楽しくなります。さらに、ミニコンペティションは彼らに楽しみを与えることができます。

ヒント#8:チームの一員になる 

優秀な上司がチームに同行し、従業員を部下としてではなく平等に扱います。チームの全員と前向きな関係を築き、彼らと協力して彼らのニーズを満たし、良好なコミュニケーションを促進することが重要です。

さらに、これにより、チームをよりよく理解し、チームがどのように動作し、連携してタスクを完了するかを確認できます。また、より個人的な方法であなたのビジョンを明確に説明することができます。 

ヒント#9:チーム開発を促進する 

ダイナミックな人々のチームは処理するのが少し難しい 、属性の違いのために場合があります。これを解決するために、優れた上司は、多様な意見にもかかわらず、リーダーシップスキルを活用してチーム開発を促進します。彼らを団結させ、チームとして特定の目標を達成するのはあなたの仕事です。

ヒント#10:彼らの側を聞いて理解する 

ボスは、ポジティブかネガティブかに関係なく、従業員の発言に耳を傾ける必要があります。あなたがすることはあなたは 常に あなたの従業員のパフォーマンスに影響を与えるので、判断と意見を受け入れるべきです。何かが彼らを悩ませていると思うなら、それが彼らの仕事に関連しているかどうか尋ねるのが最善です。そうすれば、彼らが彼らの職場環境に適応するのを助ける解決策を確立することができます。

優れた上司

の特徴会社の目標を達成したり、階層を確立したりするためだけに、すべての上司が威圧的または怖いように見える必要はありません。チームのリーダーとして、前向きな姿勢と陽気な態度を示して、チームが毎日仕事に来るように促すことが重要です。 

そうは言っても、上司が持たなければならない次の特性は次のとおりです。特性なければ

#1:正直正直で 

、信頼はないということわざがあります。正直なリーダーは、障害を解決し、明確な方向性を提供するのに役立つチーム内の誠実なコミュニケーションを持つ必要があります。さらに、上司は従業員の業績について正直になり、継続する理由を与える必要があります。

特性#2:全員の役割に

精通している優れたリーダーは、会社の目標だけでなく、各従業員の役割にも精通しています。彼らは、タスクと責任の微妙なバランスをとる方法を知っている必要があり、あまりストレスをかけずにワークロードを達成する方法を見つける必要があります。

別の注意点として、ストレスは従業員のパフォーマンスに影響を与える要因の1つです。上司の仕事は、従業員を時々チェックインして、彼らがうまくやっていることを確認することです。 

さらに、上司の仕事は、彼らがという理由だけで他の従業員に渡されるべきではありません 望む。書類に署名し、チームのタスクをチェックすることがあなたの仕事である場合は、それに固執する必要があります。

特性#3:患者  

良い上司は忍耐強く、にことができなければなりません 話す 各従業員と冷静。ほとんどの企業では経験豊富な従業員が必要ですが、それでも時々間違いを犯すことになります。良い上司として、あなたは彼らを劣化させることなく彼らの間違いを訂正し、すべてが適切に行われるべき方法を彼らに教えることができるはずです。従業員に向かって叫ぶことは何もせず、事態を悪化させるだけです。  

特性#4:高い感情的知性

ボスは自分の個人的な価値観と他の人の価値観を区別できなければなりません。彼ら はまた彼らの敏感でなければなり ので、従業員に 、彼らが今日の場所に到達するために何を経験したのかわからないません。彼らのほとんどはを 戦っ 戦い 、上司 が何も知らないています。  

特性#5:信頼 

上司として、目の前の仕事で従業員を信頼する方法を知っていると同時に、従業員が安心して質問できるように、従業員の信頼を得る必要があります。あなたは確信し 彼らが最良の選択をすることをていることを彼らに示し、 彼らが遭遇するどんな挑戦もやってのけることを彼らに信頼するべきです。

特性#6:自己認識  

あなたはあなたの従業員のそれぞれのニーズが何であるかを知ることができるように自己認識を持っている必要があります。それらのすべてが同じように動機付けられるわけではありません。ある従業員のために働くかもしれないものが別の従業員のために働かないかもしれません。したがって、チームのすべてのメンバーに対応するために、さまざまなソリューションを作成することが重要です。 

特性#7:思いやり思いやりを持って

課題に取り組み、成功を称賛するとき、上司はいる必要があります。従業員には仕事以外の生活があり、維持すべき線があることを常に自覚する必要があります。 Hはあなたがどのように思いやりのあなたの従業員のショーを扱うOW。